とある日、

山梨にある、中村キース・ヘリング美術館に行ってきました。

北川原温氏 の設計です。

自然の中に、ひっそりとありりつつ立派な存在感がありました。

内部空間は、屋根形状のように天井が湾曲していたり。

ストリートの一角にある、公園のような場所性を感じました。

光と影というテーマで作られた建築なので、

その部分も存分に、味わえると思います。


 



壁面の赤の部分は、
モザイクタイルで仕上げていて、
端は昔のゲームみたいに、ギザギザになって面白かったです。

いい所です。

たけなか